忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年10月18日14:21 】 |
近場のプラネタリウムで果てしない宇宙旅行へ
今年の夏休み、共働き夫婦と部活で忙しい中学1年生の娘の3人家族の休みが合ったのがお盆休みです。

自宅は東京よりの千葉です。お盆休みはどこも人が多く、猛暑ということもあり、疲れるのは嫌だということ、旅費が高いということで避暑地やテーマパークは選択肢から外れました。

ギリギリまで悩んでいましたが、地元の新聞で近くにある県立の科学館で技術の高いプラネタリウムを上映しているとのことで、宇宙好きな旦那が行きたがっているのもあり、行くことにしました。

場所は最寄駅から直行バスが出ており、楽でしたが、バスの本数が少ないこととやはり夏休みの子供たちが多くて満員でした。

到着すると、科学館はアットホームな感じで混雑もありませんでした。スタッフの年配の男性の方が一生懸命案内して下さってとても好印象でした。プラネタリウムと入場券合わせて大人500円、中学生の子供は無料だったので都内のプラネタリウムと比べると格安でした。12時台と13時台の回は内容が違ったので2回見て合計2000円です。

プラネタリウム上映までの待ち時間は他の展示物など見て回りました。

プラネタリウムが始まる前にスタッフの方が見えやすい場所など教えてくれて、親切だなあと思いました。椅子のリクライニングを調節すると一気に倒れるのが少し気になりました。

今まで見たプラネタリウムは、星座の説明のものが多かったのですが、1回目の内容は、地球を離れて宇宙空間へ旅するというもので宇宙の壮大さを感じ、私達が今ここにいることが謎に思えてきました。宇宙空間から地球に戻ってくると、長い長い年月が過ぎていて地球が滅びていてまた新しい星が生まれ始めていました。

2回目の内容は、いろいろな場所から見た星空で、リラクゼーション感覚でした。私達の住んでいる場所からはほとんど星は見えませんが、全ての明かりを消すと無数の星が見えました。自然の多い場所に行けば、流れ星もいくつも見えます。

近場で異次元空間に来れていい1日でした。休みになると遠くへ旅行に行こうという気持ちになりますが、近場に目を向けるのもまたいいと思いました。アットホームな場所でのスタッフの方の対応も人情味がありましたし、いい気持ちで帰れました。

鉄剤で気持ち悪くなる。妊娠中の貧血対処法に葉酸サプリメント?
PR
【2015年09月11日23:06 】 | 未選択 | コメント(0)
| ホーム |学園ドラマは若き俳優さんの登竜門の一つ>>
コメント
コメントの投稿













| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]